• ホーム
  • 野菜摂取で勃起不全が解消される

野菜摂取で勃起不全が解消される

2019年09月15日
女性を背負っている男性

勃起不全の原因の一つは血行不良であり、血液がドロドロになることで陰茎の元気を奪ってしまうのです。
血液がサラサラの状態は身体を温めるために最適ですが、ドロドロになると冷え性を招くようになります。
手足などの心臓から遠い部位から先に血行が悪くなりますが、ペニスも例外ではありません。
血液が十分に循環しなくなると、性欲を感じてもペニスの反応が悪くなります。
そんなときは、野菜を食べることで勃起不全を解消できる場合があります。
野菜は健康維持のために必須の食材であり、特に肉食中心の方は多めに食べる必要があるでしょう。
肉類の食べすぎは血液をドロドロにして、勃起不全を促すのです。
野菜を沢山食べる方は、カロリーの摂取量が少なくなる傾向があります。
食事の最初に野菜を摂れば、食べすぎの防止にもなります。
食物繊維が膨満感を促すことで、普段よりも少量の食事で満足させてくれます。
カロリーを摂りすぎると、必然的に脂肪も摂りすぎています。
脂肪は血液をドロドロにするので、摂取量は制限しなくてはいけません。
顔や頭皮の皮脂量が多いと感じる方は、脂肪を摂りすぎている可能性が高いです。
勃起不全を解消するには、1日350g以上の野菜を食べたいものです。
生野菜として摂るのは難しいので、スープや鍋物にするといいでしょう。
野菜はカサが大きいので、沢山食べたつもりになっていても、実際の摂取量は少ないことが多いのです。
野菜嫌いの方は野菜ジュースや青汁を飲んで代用することもできますが、勃起不全解消のためには野菜として摂取したいものです。
野菜ジュースの場合ですと、膨満感を促進する作用はあまり期待できません。
肥満を防ぐためには、食前にキャベツや大根などを食べるのがおすすめです。