• ホーム
  • 勃起不全に効果のある運動と治療薬の包装について

勃起不全に効果のある運動と治療薬の包装について

2020年05月21日

勃起不全の多くは心因性のものですが、器質的な要因も無関係ではありません。
適度な運動はストレスを発散させ、心の原因を取り除くだけでなく、身体能力を高めて体の面からも勃起力アップに貢献します。
また運動することで男性ホルモンの分泌が増え、活力を増進させることも知られています。
日頃から体を動かす習慣をつければ、勃起不全の解消に役立つと言えます。

体力に自信がある人は激しいスポーツでも構いませんが、運動不足が続いている人は、心臓に負担をかけないようにする必要があります。
一般にはウォーキングやサイクリングなど、軽めの有酸素運動から始めるのが望ましいでしょう。
またスクワットは骨盤底筋を強化し、勃起力に直接作用すると言われています。
腰を鍛える効果もあるので、ナイトライフには好都合な運動です。
なおサイクリングは手軽なスポーツとして人気ですが、サドルが下腹部を圧迫したり損傷したりする可能性があるため、ハードな走行には注意してください。

運動だけで勃起不全が解消しない場合は、治療薬を利用するのも一つの方法です。
治療薬はジェネリックも含めて多くの種類が発売されており、有効成分はほぼ同じですが、含有量によって包装が異なります。
量が多ければ効き目も長持ちしますが、副作用の危険も大きくなります。
自分に合った分量が1回分として包装されているかどうかが大切です。
1錠が大きすぎるからといって、半分に割って服用する人もいますが、湿気を吸って変質する場合があるので、あまり推奨できません。
未使用の状態ならプラスチックで密封包装されているため、使用期限内なら変質の心配はありません。
ただし直射日光や極度の高温は避けて保存したほうが良いでしょう。