• ホーム
  • なぜ魚が勃起不全解消によい?

なぜ魚が勃起不全解消によい?

2019年08月31日
富士山を見ているカップル

勃起不全解消に魚がよい理由は、血液を綺麗にしてくれるからです。
高血圧、高血糖、脂質異常症などの症状に魚がよいことは有名です。
魚に含まれる油は、肉の脂を溶かして排出しやすい状態にします。
血管内の脂質も綺麗にしてくれるので、健康維持のためには肉類の摂取を減らして、魚を多めに食べることが大切です。
厚生労働省のWEBサイトでも、健康維持のために青魚を食べるように推奨しています。
勃起不全とはペニスの病気ではなく、正確には血液の病気なのです。
動脈硬化が促進すると、陰茎海綿帯に血液がスムーズに届かなくなります。
勢いが弱くなった血液は、十分にペニスを硬くすることができません。
ペニスを硬くするためには、サラサラと勢いよく流れる血液が必須なのです。
どんなに性的に興奮した状態でも、ペニスを指で強く押さえると勃起が減退していきますが、これは血流が遮断されるためです。
肥満になると勃起不全のリスクが高まると言われていますが、これは高血圧、高血糖、脂質異常症などの発症率が高まるからです。
体内に沢山の脂肪を蓄えているのに、血液だけは綺麗でサラサラといった状態は珍しいです。
実際、生活習慣病は併発しやすいものであり、肥満の方は高血圧、高血糖、脂質異常症などがよく見られます。
青魚は生活習慣病を予防するために非常に役立つ食材です。
肉類の摂取を減らして、その分のカロリーを魚で摂取するといいでしょう。
魚に含まれる脂肪は固まりにくく、液体ゆえに体外に排出されやすいのです。
また、固形化した動物性の脂肪を溶かす作用もあるため、肉類をよく食べる方ほど魚の摂取が重要となります。
勃起不全に悩んでいる方は、野菜と魚を沢山食べることを意識しましょう。